スポーツ+テクノロジー=動員数、パフォーマンス、アスリート保護の拡大

より多くのファンにライブスポーツにエンゲージしてもらい、アスリートのパフォーマンスを向上させるとともに選手を守る方法

Jim Poole

プロスポーツは、チームオーナー、選手、賭博の胴元、そしてごく少数の幸運なギャンブラーにとって、常に巨額の利益を生み出してきました。しかし、現在においては、スポーツテクノロジーが大金を生み出すようです。Marketsandmarketsの直近の調査によると、2024年までに世界におけるスポーツテクノロジーの市場は、311億ドルに拡大することが見込まれています。[i]スマートスタジアム、eスポーツ、スポーツアナリティクス、ハイテクスポーツ機器、アパレルなどへの膨らむ投資は、観戦するファンの増加、アスリートのパフォーマンス、アスリートの保護、そして最終的には収益増加を約束する「儲かるスポーツテクノロジー市場」を創出しました。

この構築方法を学べば、どこにでも展開できます!

世界中を物理及び仮想でつなげるデジタルビジネスの単一プラットフォームによって、企業のデジタルインフラを「あらゆる場所で展開し、あらゆる重要人物とつながり、企業全体にわたりデジタルエッジの連携を安全に拡張する」ことをどのように実現するのかを説明します。

ダウンロードはこちら
platform-vision
$31.1 B

2024年までに世界におけるスポーツテクノロジーの市場は、$311億ドルに拡大することが見込まれています。

オリンピックは、「よりスマート」な方法を提案する機会

今年の夏のオリンピックが近づくにつれ、東京は「The Olympics of the Future(未来のオリンピック)」としてイベントをプロモーションしています。最初に、開会式では超小型の人工衛星から様々な色の人工の流星群を見せます。ロボット技術における世界のリーダーとして、日本製のロボットが参加者やビジターに道案内、自動運転のタクシーサービス、そしてリアルタイムの通訳機能を提供します。あまりに沢山のアンドロイドを活用するので、オリンピック組織委員会は、東京お台場周辺の選手のためのオリンピック村の隣にロボット用のオリンピック村も建築するようです。

日本は、2020年のオリンピックに間に合うように、時速374キロの鉄道の世界最高速度の記録を塗り替えようと新幹線までも改良しました。東京に行けない人達に対しても、NHK(日本国営テレビ局)は、8K超高精細(HD)の技術を使ってイベントの放送を計画しています。尚、この8Kの技術は、現在のHD TVの16倍のピクセル数(7,680 x 4,320)に対応しています。さらに、日本最大の携帯会社であるドコモが、試合のモバイル通信用に5G高速無線ネットワークを導入するために、Nokiaと提携しています。持続可能なテクノロジー(水素燃料を活用した選手村、燃料電池で走るバスや車、藻類燃料で飛ぶ飛行機など)も夏のオリンピックでお目見えする最先端技術となります。[ii]

「ファンの参加」はより高いレベルに移行

Scrum Venturesの調査で分析されているように、スポーツテクノロジーの現状は、ライブでビデオストリーミングe-スポーツ、メディア配信やコンテンツプラットフォームなどの「ファンエンゲージメント(ファン参加型)テクノロジー」として表現されています。そして、これは来年のスポーツ界に最大級の影響を及ぼすでしょう。[iii]

Source: Scrum Venturesiii

エンゲージメントの分野におけるスポーツテクノロジーの進歩は、スポーツファンの体験を高めることを目標にしています。これには、ライブの動画ストリーミング、拡張現実/仮想現実(AR/VR)、スポーツギャンブルやファンタジーゲームのためのブロックチェーンとソーシャルエンゲージメントなどが含まれています。しかし、実際多くのイノベーションが起きているのはスポーツ放送であり、シームレスにスポーツイベントのストリーミングビデオやコンテンツとデジタルメディア(CDM)をあらゆるモバイル機器でオンデマンドにシームレスなストリーミングを可能にする5Gネットワークを活用することにより、観客は選手のプレイを間近に見ることができます。例えば、Equinixの顧客であるDAZNは、より低コストで地域や個人に合わせたカスタマイズ、柔軟性、アクセス性を高め、スポーツの消費方法という観点から、ライブビデオストリーミングゲームを変えようとしています。

DAZNは、世界中の200拠点を超えるエクイ二クスのEquinix International Business Exchange™(IBX®)のデータセンターやインターコネクション(相互接続)のソリューションを活用するためにエクイニクスと連携しました。そのため、DAZNが参入する市場を決定する際には、迅速な参入のために、その市場にインフラが存在するかどうか把握できます。さらに、DAZNは生のライブ配信や再生ビデオを処理し、リアルタイムに視聴者に配信しているため、スポーツ会場と製作のためのインフラ間が近いこと(近接性)がレイテンシーを最小限に止めるために不可欠となります。

また、DAZNがエクイニクスを選択したのは、エクイニクスのデータセンターにレジリエンシ-(弾力性)があり、世界平均の稼働率が99.9999%ということもあります。DAZNは、試合中にライブストリームのリンクがダウンした場合、中断なく視聴できるように拡張可能な複数のネットワーク通信業者のオンデマンド接続が必要でした。Equinix Cloud Exchange Fabric™(ECX Fabric™)を経由し、世界中に存在するPlatform Equinix® の複数のクラウドサービスへ高速、高帯域、低レイテンシーのプライベートインターコネクション(相互接続)を行うことで、DAZNは試合中により確実かつ効率的に容量の拡張が可能となり、需要が落ちた時は容量を下げることが可能になりました。[iv] 現在、DAZNは、ロンドン、香港、東京、ニューヨーク、シリコンバレーにあるエクイニクスのIBXデータセンターを拠点とし、スタジアム、ビジネスパートナー、ネットワーク、コンテンツ配信、クラウドプロバイダ、そして勿論世界中で拡大する視聴者のダイレクトかつ安全な高ハイパフォーマンスのインターコネクション(相互接続)を継続的に拡張しています。

Dom Wedgwood氏(DAZN社、SVP Broadcast and Technology)は、「DAZNの最初の立ち上げと将来の成長に対応するために、弊社はグローバル市場におけるローカルの存在が必要です。エクイニクスのインターコネクション(相互接続)のプラットフォームは、優れたパフォーマンスとレジリエンシ-(弾力性)の両方を提供するインフラの展開のために必要な機能を提供してくれています。また、複数のロケーションにおいてオンデマンドの製作要件に対応するために必要な柔軟性を弊社にもたらしてくれることで、これらのロケーションにある弊社のネットワークやクラウドプロバイダへの直接接続が可能になります」と述べています。

エクイニクスのインターコネクション(相互接続)のプラットフォームによって、優れたパフォーマンスとレジリエンシ-(弾力性)を備えたインフラを展開することが可能になりました。
Dom Wedgwood氏(SVP, Broadcast and Technology, DAZN)
77.6%

ファンエンゲージメントのテクノロジーがスポーツに最大の影響を及ぼすと回答した割合

アスリートのパフォーマンスの向上

メディア/コンテンツ関連のプラットフォームとeスポーツの次に、アスリートのパフォーマンスをデータ、アナリティクス、バイオメトリクスを使って監視・分析するための測定プラットフォームは、投資家にとって3番目に興味深いスポーツテクノロジー分野です。アスリートのパフォーマンスを追跡するには、アスリート(人または動物)から彼らが身につける器具、ボール、パック、その他のいかなる競技道具に至るまでセンサーを取り付ける必要があります。これには、モノのインターネット(IoT)の高速ネットワークがデータを収集し、選手をドラフトするかどうかの判断やタッチダウンがフェアかどうかの判断など、意思決定のための洞察を生み出すためのリアルタイムの分析が必要です。

Source: Scrum Ventures iii

  

スポーツをより安全に

今年のスーパーボールにむけて、NFL(ナショナルフットボールリーグ)は、ヘルメットの安全性を高め、できれば頭部の負傷を減らす技術進歩への支援について前例のない宣伝を行いました。先日NFLは、選手の安全、処置、そして最終的には怪我の予測や防止を目的としたプラットフォームである「デジタルアスリート」の共同開発においてデータやアナリティクスを活用するのに、Amazon Web Services(AWS)と提携しました。AWSの人工知能(AI)や機械学習(ML)を活用することで、NFLとAWSは、選手の負傷に関して、例えば、試合のルール、器具、リハビリや回復戦略など、あらゆる要因による影響を、より深くデータに基づく洞察を生み出すツールを開発する予定です。[v]

Platform Equinixがどのようにスポーツのストリーミング動画やCDMの開発や今日のファンに向けて配信の競争力を高める事が可能か詳細を御覧ください。

[i] Marketsandmarkets, “Sports Technology Market Worth $31.1 Billion by 2024.”

[ii] Futurism, “Tokyo 2020: The Olympics of the Future.”

[iii] Scrum Ventures, “Industry Insights: The Current State of Sports Technology,” August 20, 2019.

[iv] Forbes, “Field Of Streams: How Big Data, Cloud And Connectivity Fuels DAZN’s Global Expansion,” August 8, 2018.

[v] Amazon, “National Football League and Amazon Web Services Team Up to Transform Player Health and Safety Using Cloud Computing and Artificial Intelligence,” December 5, 2019.

Jim Poole
Jim Poole Vice President, Business Development, Equinix, Inc.