VNFデバイスのクラスタ化によるパフォーマンス、回復力、セキュリティのさらなる強化

仮想ネットワーク機能デバイスのクラスタ化によりNFVインフラを容易に拡張、高速化

Brad Gregory
Mason Harris
VNFデバイスのクラスタ化によるパフォーマンス、回復力、セキュリティのさらなる強化

企業は今日、ネットワーク管理にまつわる多大なプレッシャーにさらされています。たとえば、新型コロナウイルス感染症対策および機器の遅延により、新しいネットワークアプライアンスをデータセンターに物理的に追加することが制限されています。その結果、増加を続けるテレワーカーからの膨大な量のワークロードトラフィックが雪崩のように押し寄せ、レガシーネットワークのバックボーンに深刻な負荷をかけています。しかしながら、ネットワークアクセスをエッジで迅速に拡張するためのより柔軟で費用効果の高いオプションは、パンデミックが発生する前から必要とされていました。トラフィックをグローバルにバックホールする従来型ハードウェアを使用して、そこでほとんどの処理を行うハブ&スポーク型のデータセンターを中心としたネットワーキングモデルでは、俊敏で拡張性に優れ、かつ分散型のIT環境を求めている企業のニーズに応えることはもはや不可能です。その結果、企業は、パフォーマンスの向上とサービス提供までの時間の短縮、複雑さの軽減と設備投資(CAPEX)の削減を最終目標に掲げ、ソフトウェア定義の広域ネットワーク(SD-WAN)とネットワーク機能仮想化(NFV)インフラをエッジで活用することに注目するようになっています。

エクイニクスのNetwork Edgeサービスにより、企業は複数の主要NFVベンダーの仮想ネットワークサービス(SD-WAN、ファイアウォール、仮想プライベートネットワーク、クラウドルーティングなど)にアクセスして、従業員、パートナー、お客様とグローバルに相互接続できます。プライベートなインターコネクション(相互接続)は企業のWANインフラストラクチャに欠かすことができませんが、Network Edgeを使用すると、仮想ネットワーク機能(VNF)デバイスをエクイニクスのグローバルプラットフォームに数分で安全に展開できます。また、Network Edgeは、クラウドまたは選択した他の企業ネットワークにユーザーをEquinix Fabric™で直接接続し、高性能で低遅延のハイブリッドマルチクラウドアーキテクチャを構築します。

そして今、Network EdgeがVNFデバイスクラスタ化に対応し、より高度なマルチスタックアーキテクチャとアプリケーションをサポートできるようになったことを発表します。この機能によって、パフォーマンス、拡張性、回復力、セキュリティ、および迅速な復元力が強化されます。

トラフィックをグローバルにバックホールする従来型ハードウェアを使用して、そこでほとんどの処理を行うハブ&スポーク型のデータセンターを中心としたネットワーキングモデルでは、俊敏で拡張性に優れ、かつ分散型のIT環境を求めている企業のニーズに応えることはもはや不可能です。

マルチクラウドおよびマルチベンダーテストで強みを発揮するNetwork Edge

マルチクラウドおよびマルチベンダーテストおいて、ソフトウェア定義の仮想ネットワークサービスが、どのように1秒間に大量のUDPパケット数がルーティングし、TCPパケットによる高帯域幅を提供したかについてご紹介します。

今すぐダウンロードする
Focused male IT technician using digital tablet in dark server room

Network EdgeでのVNFクラスタ化と冗長デバイスの比較

企業のお客様はクラスタ化によって、物理デバイスの導入と同じ方法で、可用性の高いVNFデバイスを展開できます。これを行うことのメリットには、アクティブスタンバイ転送モデルやデバイス構成の同期に加え、既存の接続状態を共有できることなどがあります。これにより、Network EdgeでのNFVデバイスの機能や自動化、管理を強化できます。

以前のリリースでは、Network Edgeはフォールトトレランスを実現する手段として冗長デバイスのみをサポートしていました。冗長デバイスは、フォールトトレランスのために2つのデバイスを提供するという点でクラスタ化に似ていますが、ライセンシングと構成の際には2つの独立したデバイスとして扱われます。

一方、クラスタ化されたデバイスは、ベンダーにもよりますが、管理の際に単一のデバイスとして扱われるという点で異なります。Network Edgeは、クラスタ内のすべてのファセット(要素)を自動化された方法でネイティブにインスタンス化する高レベルのワークフローをサポートします。この機能がなければ、IT組織は、2つの別々のデバイス間の複雑なレイヤ2 N+1隣接関係を使用して、独自のクラスタを手動で構築および管理しなければなりません。クラスタ化によってベンダーは、お客様にとってすでに馴染みのあるベンダー独自の方法で、大規模な展開を簡素化できるようになります。次の表は2つのアプローチの主な違いを示しています。

Network Edgeにより、お客様は同じベンダーの複数のデバイスでVNFクラスタを構築できます。Network Edgeデバイスクラスタ化の主なユースケースは、以下の図に示すとおり、仮想ファイアウォールとSD-WANデバイスを使用して冗長性と容量を追加することによって、回復力、パフォーマンス、拡張性、およびセキュリティを向上させることです。

クラスタ化された仮想ファイアウォールがパブリックIPのアクセスから企業ネットワークを保護

クラスタ化されたSD-WANが支社展開を効率化し、トラフィックフローを最適化

仮想ネットワークデバイスのビルディングブロックがデジタルインフラストラクチャの作成を簡素化

Network Edge のVNFクラスタ化は、Network Edgeデバイスリンクに基づいて構築されています。お客様はデバイスリンクにより、Cisco、Fortinet、Juniper Networks、Palo Altoなど、さまざまな主要NFVベンダーの仮想ネットワークインターフェイスを相互接続できます。これらのデバイスは、データセンターのキャビネット内で物理的にラックに積み重ねられるのではなく、セルフサービスのカスタマーポータルを使用してNetwork Edge経由でPlatform Equinix®上に仮想的に展開されます。これにより、異なるVNFからの複数の仮想ネットワークインターフェイスを都市圏内または複数の都市圏の拠点間で数分以内に接続できます。その結果、複数のNFVデバイスを含むサービスチェーンの展開の複雑さが緩和され、仮想ネットワークサービスを起動する際のサービス提供までの時間の短縮と迅速な復元力が実現します。

Network EdgeのVNFデバイスリンクおよびクラスタ化をEquinix Fabricと組み合わせると、高性能で拡張性と回復力に優れ、かつセキュアなデジタルインフラストラクチャを開発するために必要なビルディングブロックがお客様に提供されます。市場調査会社のFrost & Sullivanは次のように報告しています。

Network EdgeのVNFデバイスリンクおよびクラスタ化をEquinix Fabricと組み合わせると、高性能で拡張性と回復力に優れ、かつセキュアなデジタルインフラストラクチャを開発するために必要なビルディングブロックがお客様に提供されます。
プライベートデータセンターが共有モデルとクラウドベースモデルに移行する中、企業はSDNおよびNFVテクノロジーを利用して、WANをより俊敏なものに進化させることを求めています。Equinix FabricおよびNetwork Edgeサービスの組み合わせは、企業がまさにそれを行うことを可能にします。つまり、仮想ネットワーク機能をすばやく展開することにより、支社からクラウドへのトラフィックの移動やクラウド間のトラフィックの移動を迅速かつ確実に行えるようになります。[i]

Network Edgeデバイスのクラスタ化による企業や支社のネットワークを最適化、簡素化、保護する方法の詳細をご確認ください。

この記事の関連記事:

Network Edgeドキュメントセンタ

 

[i] Frost & Sullivan、「Equinix Network Edge—敏捷なマルチクラウドネットワーキングへの道のり」、著者:Roopa Honnachari、2020年。エクイニクスが後援。

Brad Gregory
Brad Gregory Senior Product Manager Brad Gregory is a Senior Product Manager for the Equinix Network Edge platform and develops virtual network solutions for interconnection. Brad analyzes network interconnectivity trends and focuses on customer feedback to enable the latest solutions in an increasingly interconnected world.
Mason Harris
Mason Harris Edge Specialist Solution Architects Mason Harris is a Global Solutions Architect at Equinix, focusing on network functions virtualization (NFV) and software-defined network (SDN) services with global customers. He’s worked in Information Technology for more than 25 years and is one of the few individuals in the world who has attained five Cisco Certified Internetwork Expert certifications (CCIE No. 5916).